Q & A

 

  1. 自分の問題をうまく説明できないのですが、それでも大丈夫でしょうか。
    その問題を思い浮かべたり、思い浮かべた時に体のどこかで感じたりすることができれば大丈夫です。
     
  2. 人に言いたくない内容ないのですが・・・
    つらい症状を感じたり、思い浮かべることができれば、無理にお話はしなくてもセッションは可能です。セッション中のお話の内容は一切保護します。話したくなったらいつでも話してもらって大丈夫です。

  3. 自分の抱えている問題を解決したいのですが、基本的に人が苦手で行くことに抵抗があるのですが・・・。
    人が苦手なままセッションを受けるのはつらいと思うので、抱えている問題を解決する前に、人が苦手というところから整えるというのはどうでしょうか?

  4. 触られるのが苦手なのですが・・・
    触れられるというところに何かしらのストレスを感じられているのかなと感じます。触れられることへのストレスから整えるというのはどうでしょうか?

  5. 身体的にとてもつらいです。トラウマというのがあるのでしょうか。でも私には思い出せず、サッパリわかりません。どうにかなりますか?
    トラウマがあるように感じられているのですね。今の時点では何も判断できませんが、現在のつらい状態を整えることで過去の何かは出てくるかもしれません。思い出せなくても大丈夫です。

  6. 物事を先延ばししてしまうのですが、こういう事もどうにかなりますか?
    やろうとしている物事に向き合うと、ストレス反応を感じて違うことをし始めてしまうのかもしれません。その物事に向き合うことで生じるストレス反応を整えることで調整できそうです。

  7. 私は病気ではないのですが人前で話すことが苦手です。特にプレゼンなどの場合は緊張してしまうのですが、どうにかなりますか?
    人前で話すときに生じるストレス反応を整えることで調整できそうです。コーチング的な要素として活用できますので、病気かどうかに関わらず、他にも苦手だなと思うことがありましたらご相談ください。
     
  8. 幸せになりたいのに逆になっているように感じます。こういう事もどうにかなりますか?
    幸せになりたいと思っていても、潜在意識は幸せになることをストレスと感じているのかもしれません。ストレスだと感じる体を整えることで調整できそうです。

  9. 何をやってもうまくいきません。とてもつらいです。
    何かをしようとしているときに何かをしているか、何かが起きているのかもしれません。ポイントを見つけて調整できそうです。

  10. こころを整えると、どうなるのでしょうか?
    例として人間関係で例えます。
    例えば、Aさんという人の事がなんだかわからないけど苦手だとします。
    苦手となると、Aさんの事を回避したり、攻撃したり、
    自分の事を防衛したりするような行動をとりたくなります。
    こころとしては、「嫌~!」と言っている状態です。

    「嫌(こころ)」→「回避(行動)」

    そこで、こころを整えると、

    「ニュートラル(こころ)」→「回避(行動)」のように変わります。

    ここで不思議なことが起こります。
    Aさんを見てもニュートラルなこころになっているので回避する必要がありません。
    すると、このように変わります。

    「ニュートラル(こころ)」→「ニュートラル(行動)」

    Aさんと接しても特に気にならなくなります。
    今までは嫌だったので、回避する選択肢しかなかったのですが、「意外といい人かも?」と思えるようになって別の選択肢が増えるかもしれません。褒めることもできるし、ハッキリと「嫌!」と言えるようになっているかもしれません。

  11. カウンセリングとキネシオロジー?は同じようなものですか?
    クライアントの問題をセラピストと2人で解決していくという面では同じです。
    私の主観ですが、カウンセリングの場合は、体のとどこおっている感情エネルギーを話すことで徐々に流していく技法です。例えば、こんなこと言っちゃいけない!と押さえつけているエネルギーを話す、話してもいいと感じられることで解消し、本来の気持ちに気付くことができます。
    キネシオロジーの場合は、体のとどこおっているエネルギーを頭や体、背骨、アロマを嗅ぐなどをすることで流していく技法です。こんなこと言っちゃいけない!と押さえつけているエネルギーを体に対する刺激をすることで解消して、本来の気持ちに気付いたり、ニュートラルな気持ちでいられるようになります。
    なので、ざっくりと言いますと、とどこおっているエネルギーの流し方が違うのと、キネシオロジーは、話を長く聞かなくても進めていけるので進むペースが速いです。

  12. 1つの問題で何回くらいセッションを受けるのでしょうか?
    1回で終わるかもしれませんし、1つの問題に複数の問題が関わっている場合もありますので、なんとも言うことができません。逆に、複数の問題が1回で終わることもあります。