セラピスト

プロフィール

浅井 崇志

・一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 産業カウンセラー

・HSKキネシオロジスト

・ウェルネス・キネシオロジー プラクティショナー

・ゲシュタルト療法 ベーシック トレーニングコース終了

 

キネシオロジーと出会った頃の私は、椎間板ヘルニアで座っているだけでもつらかったり、長年続く原因不明の疲労感などに悩まされていました。病院に行っても原因不明。こころの問題だと思っていても、カウンセリングのセッションが精神的につらく問題解決にはいたりませんでした。なんとかしたくて自分の問題に向き合うにも向き合えない。解決できない。何が原因なのかもわからない。途方に暮れていた時でした。

もっとかんたんにこころの問題をケアできる療法はないものか。そう思っていた時にキネシオロジーと出会いました。これなら自分のつらさを解決できる。そう直感しました。

キネシオロジーのセッション1回で椎間板ヘルニアは嘘のよう治ってしまいました。そして、長年続く原因不明の疲労感は、潜在意識から顕在意識に上げないように抑え込んでいる疲労だったということが後からわかりました。それは、刺激が強すぎて意識化できないほどの衝撃だったのでしょう。こころの問題と向き合う事がつらすぎてできなくても、なんとかしたい気持ちがあれば体から整えて解決できる。救われた気持ちでいっぱいでした。

その後、アルコール依存、機能不全家族、AC、乖離などの数えきれない問題を整えました。私自身が、問題の当事者であり、クライアントであり、セラピストであることで、内側で何が起こっていたかがつかめました。

この経験が多くの人の役に立つことを願います。